オーストリア航空の支援をめぐる政府とルフトハンザ航空の駆け引き@オーストリア・ウィーン【5月15日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/5/18
▲オーストリア航空HPより

  オーストリアでは、5月1日に始まった段階的緩和により、小売店が全て再開し、飲食店も15日に営業再開を許可された。通りは人であふれ、車、自転車が行き交い、ここウィーンも一見日常に戻ったように見える。今のところ新規感染者数も落ち着いている。

 感染拡大の対する懸念は、いったん落ち着きを見せ、目下の課題は経済問題に移った。大半の事業は再開されたが、旅行業など取り残されたままの産業もあり、一般市民の越境移動については、いまだはっきりした見通しは立っていない。

 ドイツはオーストリア観光産業の主要顧客であり、オーストリア政府は、6月15日以降ドイツとの国境を解放する見通しだ。だが、ドイツはオーストリアとの国境を開く意向を表明していない。そのため、オーストリアを訪問するドイツ人は、原則的に帰国後14日の検疫期間が必要となる。それ以外の国に関しては、何もかも未定だ。

 ホテル業界と並び壊滅的打撃を受ける航空業界では、オーストリア航空が4月末に7億6700万ユーロの支援をオーストリア政府に申請した。


この先、会員限定記事です
       
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

Yukari S.
オーストリア、ウィーン在住フリーライター。ウィーンとパリを拠点に、欧州におけるフランス語、英語圏の文化、経済、産業、政治、環境リサイクル分野での執筆活動、政策調査に携わる。専門は国際政治、軍事、語学。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る