基礎ブース施工で成長【イベント仕事図鑑】トーガシ

 
  • 2019/3/25
▲トーガシ(東京都江戸川区)吉田守克社長

 トーガシ(東京都江戸川区)は、展示会、プライベートショー、就職イベントといったビジネス目的のイベントに特化している。出展企業ブースと、受け付け、通路、セミナー会場など主催者が用意する基礎ブースの設計施工が、それぞれ売り上げの3割を占める。ブースやセミナー会場の壁面に使用するパネル、商品を展示する什器など、備品の保有も多く、これらの貸し出しによる売り上げも3割だ。その他、ブースで使用する電気工事、照明機器レンタルも内製化し、イベント運営に必要な支援体制を整える。

 創業以来、催事場で開催される呉服の即売会設営で成長した同社は、25年ほど前に展示会市場に参入した。本格的に展示会での仕事を拡大したのは10年前で、会場設営で使用するパネルを自社開発して大量保有し、主催者から基礎ブースの受注を伸ばして成長した。近年は主催者の事務局運営を代行する主催者支援事業も好調だ。

 社員180人のうち、出展企業や主催者を訪問する営業チームには41人が所属する。デザインチームは22人で平面と立体の担当に分かれ、その他、備品管理、サイン制作、子会社の人材募集チームなどバックオフィスが70人、特注ブースを制作する職人チームが10人だ。

 売り上げは前年比8%増の46億5000万円、7年前に比べ倍増した。近年の好調を支えたのは展示会だが、吉田守克社長は「この先、施工部門の売り上げに対する依存度を下げることを考えなければならない」と話す。イベント当日、設営に従事するスタッフの確保が困難になり、人件費を上げるだけでは解消できなくなっているからだ。施工を担当する協力会社からは人材不足に加え、これまで設営に関わってきたスタッフの多くが待遇の良い建設業に流れているという話を聞く。「オリンピック後に状況が改善するものでもない」(吉田社長)

【DATA】
社名:トーガシ
所在地:東京都江戸川区臨海町4-2-2
創業:1965年
社員数:180人(グループ全体)
売り上げ:46億5000万円
営業拠点:東京、名古屋、京都、大阪、札幌、上海


【特集】展示会ブース・プライべートショー・イベントプロモーションに強いディスプレイ会社【イベント仕事図鑑 2019】24社を取材しました


関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る