第2回 お見合いアプリも顔負けのレコメンド精度[世界のイベント会場を歩く]

 
  • 2020/5/21
▲来場者同士のマッチングも見られた

 ウェブ界隈のエンジニア、経営者、投資家が集まる「Web Summit」(ポルトガル・リスボン)から、今回も同じ主催事業を行う身として注目せずにいられなかったポイントを紹介します。

 マッチングやネットワーキングという言葉が象徴するように、展示会に関わる出展者や来場者が求めるものの中で、コミュニティ形成の優先度は高いものです。「Web Summit 」でも、主催者によるコミュニティ形成を促すための工夫を、随所に見ることができました。今回は、出展者、来場者を含む参加者全員が利用するアプリについてお伝えします。

 私は来場者として参加したので、来場者登録をする時からアプリの使用を始めました。一番最初に求められるのが、自己紹介欄を詳細に記入することです。ビジネス版のSNS「LinkedIn(リンクトイン)」の登録も必須です(中国の場合は「WeChat」)。興味の領域や参加目的など、突っ込んだ内容を聞かれます。

  これらの情報と、過去に参加したセッションや、メッセージをやりとりした相手の属性情報を、AI(人工知能)が分析します。


この先、会員限定記事です
       
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

古市 優子古市 優子
フランスに本社を置く、展示会主催会社の日本法人、コムエクスポジアム・ジャパン社長。仕事柄、年間20回程度、海外展示会に参加する。
「アドテック東京」のイメージ刷新に取り組んだ1年

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る