瀬戸内レモンに続く新商品のブランド構築【自治体の出展戦略】広島県

 
  • 2020/6/22

ひろしま産業振興機構(広島市)
@ スーパーマーケット・トレードショー

▲展示する食品は高級スーパーとの相性がよく、たびたび取引につながっている

 広島県の中小企業支援機関、ひろしま産業振興機構(広島市)は、9年前から「スーパーマーケット・トレードショー」に出展し、地域の食品系企業の販路開拓サポートを行なう。3年前、県と共に「ヒロシマ・デパートメント」という地域の食品ブランドを作り、展示会でもアピールを始めた。また、海産物に強い尾道の商工会議所の要請を受け、数年前から共同出展する。今回は、ひろしま産業振興機構が?社、尾道市商工会議所が?社を集めた。

 バイヤーの注目を集めたのは瀬戸内レモンだ。レモンケーキ、レモン味の塩ラーメン、レモン風味のスパイスソルト、レモンと青唐辛子をブレンドしたホットソースなど、レモン関連の企業を8社集め、瀬戸内レモンが広島のブランドであることを来場者に印象付けた。過去には、渡辺製菓(広島県福山市)のココナッツ煎餅が紀伊国屋のバイヤーの目に留まり、全店で取り扱いが始まった。ボストン(広島市)のレモンスティックケーキも、首都圏の駅や土産物店で採用された。

 展示会の他には、東京・銀座で「ひろしまブランドショップTAU」を運営し、食とともに、地域の雑貨店や広島カープの関連グッズを販売する。広島から届く魚介、肉、野菜を使ったイタリアンレストランも人気だ。

 「売り上げをピーク時の水準に戻した企業もある。瀬戸内レモンのように、関連企業によるチーム型支援も効果が出ている」(上田ちなみさん)


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
雑貨店も食品探す @ スーパーマーケット・トレードショー

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  2. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  3. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  4. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  5. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る