戦前から航空機産業が発達【自治体の出展戦略】栃木県宇都宮市

 
  • 2020/6/15

栃木県産業労働部工業振興課(栃木県宇都宮市)
@ 国際航空宇宙展、航空・宇宙機器開発展

 栃木県宇都宮市には、SUBARU(東京都渋谷区)の宇宙航空事業の拠点があり、下請け企業が集積する。SUBARUのルーツは、軍用機をつくっていた中島飛行機で、栃木工場の周りには当時から航空関連の製造業が集まっていた。「自動車のイメージが強いSUBARUだが、ボーイング社の仕事を請けていたり、ヘリコプターも作っている。これらの下請けも含め、航空機産業は仕事の取り合い競争が激しいので他のエリアに負けないよう、PRしている」(竹澤信隆さん)

▲「働きやすく安らぎもあるという、バランスの良さが栃木の魅力」(竹澤信隆さん・写真左)

 県の産業労働観光部工業振興課ものづくり企業支援室に設けられた航空部門では、10年前から「国際航空宇宙展」と、「日本ものづくりワールド」内の「航空・宇宙機器開発展」に出展する。難しい材料の加工、精密部品の製造など航空関連で求められる技術に強い企業がそろう。

 工業振興課としては自動車、航空宇宙、医療、環境、光の5つを重点分野として掲げ、「オートモーティブワールド」「国際福祉機器展」にも出展する。産業団地への企業誘致を行う。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
大手重工がそろい踏み @国際航空宇宙展

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る