日展協 要望書を作成 関係者に提出

 
  • 2020/5/12

東展示棟の制限延長には「追加提案を待つ」

▲ 展示会産業議員連盟の甘利明議連会長

 (一社)日本展示会協会が、オリンピック・パラリンピックが終わるまでの展示会場を確保するため、東京都や都議会・国会議員など複数の関係者に要望書を提出している。

 要望書では、6つの項目が述べられている。

 ①首都圏での仮設展示場建設、②幕張メッセ、東京ビッグサイト西・南展示棟の使用、③青海展示棟の使用期間延長、④首都圏の他の展示場を含めた調整、⑤五輪後の撤去期間短縮の再検討、⑥すでに募集を開始している展示会への支援だ。

 これまでに栗下善行東京都議会議員、展示会産業議員連盟の甘利明議連会長、経済産業省の藤木俊光審議官らを浜田憲尚会長らが訪問した。東京ビッグサイトが発表した東展示棟の利用制限には、「使えなくなった、という報告を受けた段階。具体的な提案を待っている状態」(事務局)とし、要望書に記載した青海や別の代替会場の可能性について、反応を待つとした。


おすすめの記事
https://ev-news.jp/?p=31851
国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る