ピー・エイチ・ワークス トーガシグループ入り

 
  • 2020/5/16
▲4月10日に調印式が行われた、ピー・エイチ・ワークスの遠藤孝貴社長(左)とトーガシの吉田守克社長(右)

 展示会をメインとするディスプレイ業のトーガシ(東京都江戸川区)が、同業のピー・エイチ・ワークス(東京都板橋区)をグループ傘下に納めた。2000年創業のピー・エイチ・ワークスは、ブース施工、ファブリックを使った装飾などの分野に強く、今後、両社の製作、表具工場はピー・エイチ・ワークスの本社に統合されることが決まっている。

 トーガシは業務量の増加から葛西工場の移転を計画していたが、ピー・エイチ・ワークスから工場施設の共同利用に関する打診を受けたことがきっかけとなり、資本提携に話が進んだ。最初の打ち合わせから資本提携までは、3週間程度だったという。

 新型コロナウイルスによる被害が長期化する懸念が増す中で、今後資本提携は活発になりそうだ。トーガシの吉田守克社長は「業界が生き残るためには、業界内の各企業が強みを持ち寄る合従連衡が必要。業務提携、資本提携など形式にこだわりはないが、生産性を向上させる機能補完型の事案は増えるだろう」と話した。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る