人手不足対応の製品・サービスに高い関心[口コミ]@国際物流総合展 前編

 
  • 2020/6/2
展示会名:国際物流総合展2020-INNOVATION EXPO-
会期:2020年2月19日(水)~21日(金)
会場:東京ビッグサイト 西1・2
主催:(一社)日本能率協会
出展者数:225社
来場者数:2万1834人
同時開催:ProLight & ProVisual

 物流業界の専門展示会。1994年の初回以降、隔年開催していたが、東京オリンピックによる会場の使用制限の関係で、規模を縮小し連続開催。さらに新型コロナの影響で来場者は激減した。ネットショッピングの需要拡大による小口配送の増加で、物流現場での労働力確保は喫緊の課題となっている。人手不足や保管効率といった課題に対応する物流機器やシステムなどの製品やサービス、近未来の物流倉庫で使われることが予想されるロボットが、来場者の注目を集めた。


輸出関連の梱包事業者が来場

親和パッケージ(神戸市)

 包装・梱包メーカーで10回以上出展。今回は従来の10分の1の時間で組立可能なスチール製容器『スチコン』をメインに展示。来場者は輸出関連の梱包事業者が中心。梱包資材の費用を下げたい、輸送の資材を倉庫での保管にも使いたいとの声があった。


お笑い芸人のプレゼンで来場者増

住友重機械搬送システム(東京都港区)

 10回以上出展しているクレーンメーカー。これまでの自動倉庫とは異なる高密度保管システムを展示。これにより、保管効率の改善につながる。一般的に棚と棚の間をフォークリフトが走るが、通路が無駄なスペースになってしまう。我が社の提案はそのスペースを圧縮し、収納量を倍にする画期的なものだ。今回、商品プレゼンを初めてお笑い芸人に依頼した。笑いもあり、人が集まりやすいことが分かった。1回で100人ほどが集まり、10回のステージで1日1000人ほどが聞いてくれた。


4月の派遣法改正を踏まえ提案

シスプロ(大阪市)

 総合アウトソーシング事業を行っている。今回で5回目の出展。4月の派遣法の改正で「同一労働同一賃金」が徹底される。これにより派遣スタッフの賃金は1~2割上がるとみられている。今回はそれを踏まえ、雇用サポートなどの提案を行った。来場者は1日100人ほどで物流の関係者全般。特に倉庫業は派遣スタッフが多いため、その対応策に多くの関係者が興味を示し、反響もあった。前回よりも来場者は少ないが、手応えは感じている。


出展すれば黒字

ジャパンエニックス(東京都品川区)

 無線機・トランシーバー・インカムなどを販売、5回目の出展。来場者は倉庫や工場など物流関連が圧倒的に多い。1日に100人近くの来場者と名刺交換ができ、大手自動車メーカーの関係者から「無線機を探している」という話もあった。来場者の要望は、電波が届かない、通信距離を伸ばしたいというものが多い。無線業界は2022年までにはデジタル化が必須のため、その対策を探している人もいた。また、ここ3~4年でパケット通信網を使った無線機が普及しており、全国どこでも通信ができ、全国各地にある工場の危機管理用として導入された。運送業の関係者からは全国を巡る自社のトラックと一斉に通信したいという声も聞かれた。この展示会は、出展すれば集客につながるので、毎年開催してほしい。これまでは必ず黒字になっている。


出展者口コミ、続きはこちら
この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
ロボット展示でブース大型化 @ 国際物流総合展

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る