コロナ対策で注目集めるクルツ首相@オーストリア・ウィーン【4月24日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/4/28

 先週から、オーストリアでは他国に先駆け一部の小規模店舗の再開が許可され、ウィーンでも静まり返っていた通りがにぎやかになった。政府の報告によると、4月22日現在、オーストリアの確定症例数は1万4810 人、死亡者数は491 人、治癒数は1万971人となっている。今週に入り、1日あたりの感染者数は3桁から2桁に下がり、21日には55人まで減少した。欧州の中では、感染者数、死亡者数とも低い。

 オーストリアは感染者数が少ないうちに厳しいロックダウン措置をとった。コロナウイルス対策で効果を上げる首相のセバスチャン・クルツに注目が集まっている。33歳のクルツ首相は、31歳で就任し、歴代首相の中で最年少で国家主席となった。年配の政治家に見られがちな、癒着やしがらみがないクリーンさを売りにしている。一時、連立政党内のスキャンダルで退陣したが、その後間も無く返り咲いた。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

Yukari S.
オーストリア、ウィーン在住フリーライター。ウィーンとパリを拠点に、欧州におけるフランス語、英語圏の文化、経済、産業、政治、環境リサイクル分野での執筆活動、政策調査に携わる。専門は国際政治、軍事、語学。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る