欧州で高まる日本式感染予防@オーストリア・ウィーン【4月2日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/4/3

マスク着用が違法だったウィーンが法改正

 欧州では新型コロナウイルスの拡散が止まらない。各国が3月半ばに始めた外出禁止令もまだ効果が見えない。イタリア、スペイン、フランスは対策の厳格化を行っており、オーストリアでも4月初めから『ロックダウン』を強化する追加措置が発表された。最も深刻な状態なのはイタリアで、スペインが続いている。

 そんな中、中国の近隣にあって初期に感染者が確認されながら、感染者数、死者数ともに少ない日本に対する注目度が高まり、報道で取り上げられる機会が増えている。フランス週刊誌「Le Point」は、この状況を説明する仮説として、日本人の『規律』と『無比の衛生基準の高さ』を挙げた。規律を守る国民性が、家庭における早期の症状発見と、軽い状態での隔離の実施につながったという日本人疫学者の言葉を紹介し、重篤患者や死者数が少ない要因として考察していた。


【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

 欧州各国の衛生基準は日本とは異なる。独断を恐れずに言えば、欧州の方が低い。規律においても、北と南で、また大きな差があると感じるが、南に行くほど『収拾のつかない国民性』は増すように思える。


この先、会員限定記事です
       
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

Yukari S.
オーストリア、ウィーン在住フリーライター。ウィーンとパリを拠点に、欧州におけるフランス語、英語圏の文化、経済、産業、政治、環境リサイクル分野での執筆活動、政策調査に携わる。専門は国際政治、軍事、語学。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る