出展者と購入者をマッチング【主催者に聞く】ブティックス

 
  • 2020/7/10

ブティックス(東京都港区)
CareTEX(ケアテックス)

▲「CareTEX365オンライン」の開設は7月14日を予定する。登録した事業関係者だけが閲覧できる

事業の柱はリアル展 オンライン展示会で補完

 介護事業者向けの展示会「CareTEX(ケアテックス)」を主催するブティックス(東京都港区)が、オンライン展示会「CareTEX365オンライン」を7月に開設する。動画や出展者の資料請求窓口が設定された商品情報ページと、バイヤーをサイトに呼び込むウェビナーで構成する。これまでリアル展示会で提供してきた商品提供者と購入者をつなぐマッチングサービスを、オンラインで行う試みが始まる。

 「CareTEX365オンライン」の主力コンテンツは、展示会における出展者の商品情報を商品ごとにページを設けて紹介する「ウェブース」と、介護業界の専門家による基調講演をオンラインで視聴できる「ウェビナー」だ。ウェブースでは出展企業との商談をリクエストすることもできるが、商品の受発注を行うようなEC機能は持たない。商品購入者層への情報発信を主な目的とするサイトだ。掲載料の課金を先々検討しているが、当面はリアル展示会の出展企業に対する無料サービスとして展開する。

 収益を生むのは、サイト閲覧者が出展企業との商談を希望した時だ。

  
       

この先、会員限定記事です
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る