デベ、テナント、サポート企業が集う【主催者に聞く】日本ショッピングセンター

 
  • 2020/4/22

日本ショッピングセンター(東京都文京区)
SCビジネスフェア
1月22日(水)~24日(金)@パシフィコ横浜

展示会の写真 SCビジネスフェア
▲日本ショッピングセンター(東京都文京区)飯嶋薫理事

決済、サイネージなどデジタルサービス伸長

 1973年に発足した日本ショッピングセンター協会が、会員向けの全国大会として、基調講演やシンポジウムをホテルで開いたのが始まりだ。展示会形式になったのは20年前で、パシフィコ横浜に会場を移してから17年になる。ショッピングセンターのデベロッパー、テナント、サポート企業など、携わる人の情報交換の場として始まった。

 日本のショッピングセンター市場は32兆円規模に成長した。百貨店の市場が6兆円なので、今では5倍以上になった。

 出展企業で最も変化が大きいのはサポート企業だ。当初は内装会社やマネキン会社、広告代理店がメインだったが、現在はキャッシュレス決済、デジタルサイネージ(電子看板)、AIによる販促サポート、物流の効率化サービスなど、デジタルテクノロジーを使ったサービス提供企業が増加した。会場では、台湾やフランスのショッピングセンター協会と国際交流を図ったり、アマゾンジャパン(東京都目黒区)のジャスパー・チャン社長によるセミナーも実施する。

 アメリカではECに押されて近い将来、ショッピングセンターの4分の1がなくなるといわれており、日本でもさらなる変化が求められている。展示会を通じて今後のショッピングセンターの在り方を模索している。

 ショッピングセンターの黎明期はアパレルやファッション系のテナントが多かったが、今では飲食店や低価格理美容、保険、クリニックなどサービス系の店舗が増えた。今後は習い事やカルチャーセンター、行政機能の充実など、人々の生活に密着した施設に変化していく必要がある。また、防災拠点としての機能強化も求められるだろう。


おすすめの記事
バーコードで来場者属性を把握【主催者に聞く】UBMジャパン

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  2. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  3. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  4. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  5. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る