ジビエ食肉処理施設をアピールする出水市【自治体の出展戦略】

 
  • 2020/5/30

出水市役所 産業振興部 農林水産整備課(鹿児島県出水市)
@アグロ・イノベーション(鳥獣対策・ジビエ利活用展)

▲各地の物産展にも参加し、地域で獲れる養鶏や果実に加え、ジビエ肉の紹介も積極的に行う

 出水市役所産業振興部農林水産整備課(鹿児島県出水市)は、2019年4月に市内に完成したジビエ食肉処理施設を紹介するため、農業系展示会「アグロ・イノベーション」内の「鳥獣対策・ジビエ利活用展」に初出展した。大規模な展示会は今回が初めての出展だ。実際に施設を建てたのは民間企業の大幸(鹿児島県出水市)で、建設費用は国の補助金によって賄われている。

 出水市では10年ほど前から、ここ数年の気候変動や森林伐採に伴う環境の変化により、イノシシやシカが食料を畑に求めるようになったため、イノシシや鴨による畑の鳥獣被害が増えている。それらの害獣を駆除するため、ジビエ食肉処理施設では猟友会に所属するハンターが仕留めたイノシシやシカ、穴熊などを買い取り加工・販売するようになった。特にここ数年、被害が深刻化しているのは鴨による鳥獣被害だ。出水市は1万羽以上の鶴が渡来する町としても知られるが、冬時期に鶴とともに飛来する鴨が地域の田んぼを荒らす被害が増加の一途をたどっている。専用の網をかぶせて対処するが、鴨は学習能力が高いため限界がある。

出水市役所産業振興部(鹿児島県出水市)
志水 靖博さん

 ブースには百貨店やスーパーなど小売店のバイヤーや飲食店のオーナーなどが多数訪れ、ジビエ人気の高さを伺わせた。「来場者数を把握できないくらい、多方面から大勢の来場者が来てくれた。これからは都心部にもジビエ肉を流通させていきたい」(志水靖博さん)。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る