冬に飛来する鴨被害の対策でジビエ食肉をアピールする出水市【自治体の出展戦略】

 
  • 2020/5/30

出水市役所 産業振興部 農林水産整備課(鹿児島県出水市)
@アグロ・イノベーション(鳥獣対策・ジビエ利活用展)

▲各地の物産展にも参加し、地域で獲れる養鶏や果実に加え、ジビエ肉の紹介も積極的に行う

 出水市役所産業振興部農林水産整備課(鹿児島県出水市)は、2019年4月に市内に完成したジビエ食肉処理施設を紹介するため、農業系展示会「アグロ・イノベーション」内の「鳥獣対策・ジビエ利活用展」に初出展した。大規模な展示会は今回が初めての出展だ。実際に施設を建てたのは民間企業の大幸(鹿児島県出水市)で、建設費用は国の補助金によって賄われている。

 出水市では10年ほど前から、イノシシや鴨による畑の鳥獣被害が増えている。害獣を駆除するため、ジビエ食肉処理施設では猟友会に所属するハンターが仕留めたイノシシやシカ、穴熊などを買い取り加工・販売するようになった。

 近年、被害が深刻化しているのは鴨による鳥獣被害だ。出水市は1万羽以上の鶴が渡来する町としても知られる出水市では、冬時期に飛来する鴨が地域の田んぼを荒らす被害が増加している。専用の網をかぶせて対処しているが、鴨は学習能力が高く、対応するにも限界がある。

出水市役所産業振興部(鹿児島県出水市)
志水 靖博さん

 ブースには百貨店やスーパーなど小売店のバイヤーや飲食店のオーナーなどが訪れ、ジビエ人気の高さを伺わせた。「来場者数を把握できないくらい、多方面から大勢の来場者が来てくれた。これからは都心部にもジビエ肉を流通させたい」(志水靖博さん)


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
水素・燃料電池技術をアピール【自治体の出展戦略】山梨県

関連記事

最近の記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  2. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  3. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  4. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  5. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る