体力発電 市場開拓に注力【我が社の出展戦略】インタードメイン

 
  • 2020/4/13

インタードメイン(横浜市)
@ SCビジネスフェア、エコプロ、SPORTEC、レジャー&サービス産業展、テクニカルショウヨコハマ、スマートシティ推進ワールド、風力発電展 他

▲ペダルをこぐことで発電できるフィットネスマシン『体力発電』

 小型風力発電事業のインタードメイン(横浜市)は、ペダルをこいで発電するフィットネスマシン『体力発電』をアピールするため、4年前から展示会に出展する。「SCビジネスフェア」「エコプロ」「SPORTEC」「レジャー&サービス産業展」「テクニカルショウヨコハマ」「スマートシティ推進ワールド」「風力発電展」など、業界は問わない。

 「多様なジャンルの展示会に出るのは、『体力発電』のマーケットを見つけるため。どの業界に響くか可能性を見ている」(杉本信策代表)

 「SCビジネスフェア」ではショッピングモールのトレッサ横浜の担当者とつながり、4台の導入が決まった。小学校に導入した事例もあるが、導入実績はトータルで10台にも満たない。新たな市場を創出できていないのが現状だ。

▲「知名度を上げるために展示会に出続ける。いつか訪れるであろう商機を虎視眈々と狙う」(杉本信策代表)

 展示会以外にも、大学や百貨店などで行われるイベントに年に3度ほど参加し、普及に努める。直近では関東学院大学の地域開放や丸広百貨店、東武百貨店にも参加した。

 今後、出展を予定しているのは介護・福祉関連の展示会。高齢者のリハビリや体力増進の一環として導入できないかと目論んでいる。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
人気ユーチューバーと箱馬を販売【我が社の出展戦略】METAL TOYS

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。
 
おすすめ記事▶

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る