新規開拓のため欧州へ進出 カーボンファイバー【海外展示会挑戦記】

 
  • 2018/10/25

福井ファイバーテック(愛知県豊橋市)
@ JEC WORLD(仏)

▲今年5月に海外展示会へ初出展した福井ファイバーテックの福井英輔社長(写真右)

現地企業とJV設立

 カーボンファイバー製品の福井ファイバーテック(愛知県豊橋市)は、強くて軽いカーボンファイバーの技術を世界に売り出すため、海外の展示会への出展を決めた。「日本よりも海外の方が複合素材に対する関心が高い。分野にこだわらず、今後成長が見込める業界に進出したい」(福井英輔社長)と海外進出を決意した。

 同社が製造するのは漁網、防風・防砂・落石防止用ネット、車両素材などだ。現状は年商24億円の全てを国内で売り上げる。一方、世界に目を向けるとカーボンは最新航空機ボーイング787の外板や、F1カーのボディなどに使われている。

 海外に出るにあたり、フランスの企業とジョイントベンチャーを設立した。拠点を相互活用してヨーロッパとアジアへの展開を図る狙いだ。展示会に初出展したのは、今年5月、パリで開催された国際コンポジットショー「JEC WORLD」だ。

 小間数は、3m×5mを2小間。費用は約200万円だった。「海外の展示会は、日本の真面目で物静かな雰囲気とは違い、にぎやかだった。ブース内で酒を酌み交わしながら商談することも多く、初対面ながら多くの来場者と有意義な商談ができた」(福井社長)


おすすめの記事
中国市場 5年で15倍に 自動販売機【海外展示会挑戦記】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る