東京都 雇用環境整備に取り組む中小企業を支援

 
  • 2020/3/18

 東京都は、新型コロナウィルスの影響で、国による雇用調整助成金の特例措置や、小学校休業等対応助成金の活用を目指す中小企業に対して、助成を受けるための支援を始めることを、3月16日に発表した。専門家による相談・助言と、助成金の支給決定が決まった中小企業への奨励金支給を行う。

 助成金利用を目指す中小企業には、1社あたり最大5回まで社会保険労務士が無料で派遣され、申請手続きと制度整備について相談できる。募集期間は3月16日から23日で、東京都労働相談情報センターに必要書類を持参、もしくは郵送して申請する。申請数が予定件数に達し次第、受付は終了となる。4月1日以降も、改めて募集は行われるようだ。

 奨励金が支給されるのは、助成金の支給が決まった都内に雇用保険適用事務所を置く中小企業だ。非常時における雇用環境整備の取組計画も必要になる。1社あたり10万円が支給され、4000社分の予算が組まれている。詳細は決まり次第、TOKYOはたらくネットにて発表される。


【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

吉葉昭子吉葉 昭子
東京都八王子市在住。ネット黎明期のメディア制作会社などを経て、フリーライターに。オーガニック業界誌、地域情報媒体、旅行ガイドブックなどで執筆。企業SNS投稿代行も行っている。趣味は和太鼓。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る