ブースでブランド判断する来場者が多い 化粧品【海外展示会挑戦記】

 
  • 2019/7/10

DDS(東京都新宿区)
@ CIBE上海大虹橋美博会(中国)

CIBE上海大虹橋美博会 展示会 写真
▲ブース施工に関しては、遅れやデザイン違いなど、意思疎通が不十分なためにおこるトラブルも多いという

 化粧品メーカーのDDS(東京都新宿区)は、主力の防腐剤無添加のフリーズドライ美容液を、5~6年前から本格的に海外で売リ始めた。年商は20億円で、海外比率は60%。海外市場は中国を含むアジア各国が中心で、最近はベトナムやマレーシアでも売り上げが上がっている。会社全体では自社ブランド製品の販売とOEM生産が半々だが、海外では自社ブランドの販売に注力する。

 海外展示会も中国が中心で、年に2~3回出展する。毎年出ているのが「CIBE上海大虹橋美博会」。来場者は中国だけでなく、アジア、欧米、オセアニアなど全世界から訪れる。基礎化粧品や美容機器、医療美容、ヘアメイク、ネイル、香水、関連設備機器など出展企業も幅広い。

▲「日本の化粧品は最近アジアを中心に欧米でも評判がいい」と話す藤本真央さん (右)

 美容展示会のため華やかなブースが多い。カラフルな色使いや派手な造作でブランドをアピールする必要があるため、現地の施工会社との打ち合わせには力が入る。展示会が始まれば日本の展示会と変わらない。

 「CIBEでは美容サロンのオーナーや化粧品パッケージのデザイナーなど女性が非常に多い。彼女たちはブース全体の世界観に興味を示すことが多く、接客は二の次だ。日本以上にブースに力を入れたいが、対面で打ち合わせができないので詳細を詰めるのが難しい」(藤本真央さん)


おすすめの記事
展示会直後に店舗訪ねて関係深める 有田焼【海外展示会挑戦記】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

今後の展示会おさらい

  1. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  2. 2020-11-10

    広告用動画を求める企業が多数集まる @コンテンツ東京

    展示会名:第10回 コンテンツ東京 2020 会期:2020年10月21日(水)~23日(金) 会…
  3. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  4. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  5. 2019-7-10

    小売店のデジタル化商材に関心大 @ Interop Tokyo(インターロップ東京)

    展示会名:Interop Tokyo(インターロップ東京)2019 会期:2019年6月12日(水…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る