建設から保守・メンテナンスサービスへ【主催者に聞く】(一社)日本能率協会

 
  • 2020/3/26

(一社)日本能率協会(東京都港区)
INCHEM TOKYO(インケム東京)
10月29日(火)~11月1日(金)@幕張メッセ

▲ 今年は「プラントショーOSAKA」として7月29日(水)~31日(金)にインテックス大阪で初めて開催する

プラント関係者の要求に合わせて変化した半世紀

 1966年に「化学プラントショー」として始まり、今回が32回目の開催だ。プラントショーを中心としながら、最近は付随する展示会が増えた。プラント関係者が求めるものが、建設から保守・メンテナンスに変化したことが背景にある。

 今回来場者の関心を集めた『プラントAI&IoTシステム特集』では、NTT(東京都千代田区)やNEC(東京都港区)など大手を含め?社が出展した。AI・ビッグデータの活用や高度制御システム、センサーによるネットワーク技術、異常検知や遠隔監視のためのIoT技術など、化学プラントにデジタル技術を導入するための提案が並んだ。NTTは初出展だった。

 『オープンイノベーションエリア』の設置は、ものづくり系展示会として、初の試みだ。参画企業のオープンイノベーションに関する要望や発注案件を公開し、来場者や出展企業がそれらに対する相談や商談に参加できる。大阪ガス(大阪市)、日揮ホールディングス(横浜市)、NTTファシリティーズの3社が参画企業となり、25の技術を公開した。

▲ (一社)日本能率協会(東京都港区)清宮修さん

 近年の企業には、自社開発にこだわらず、他社が持つ技術や知見、アイデアを組み合わせ、革新的な製品やサービスを生み出すことが求められる。その一助になればと思い、展示会として新たに始めた取り組みだ。

 今回、展示会を構成したのは『プラントショー』『水イノベーション』『プラント補修・保全・長寿命化展』、新設の『省エネ・創エネ・畜エネ資源循環展』『プラントAI&IoTシステム特集』だ。

 また、同時開催されたのが、プラントショーから派生して生まれた「防爆・防災リスク対策展」と「菌異物・ウイルス対策展」だ。「菌異物・ウイルス対策展」の出展社10社は全て初出展だった。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
FOOMA内の一展示会として始まる【主催者に聞く】JAPAN PACK

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る