精密加工技術を県外企業にアピール【自治体の出展戦略】

 
  • 2020/4/11

岡谷市産業振興部工業振興課(長野県岡谷市)
@ ネプコンジャパン、名古屋 機械要素技術展、関西 機械要素技術展

▲ 岡谷市は諏訪湖に隣接する、人口5万人ほどの工業都市

 岡谷市産業振興部工業振興課(長野県岡谷市)は、10年前から「ネプコンジャパン」に出展を続ける。今回は、過去最多の10社が出展した。県外に販路を求める企業が増加したことが要因だ。

 会場には長野県のブースも出展し、岡谷市から5社が出展した。一定の成果が見込めるようになったため、近年は「名古屋機械要素技術展」「関西機械要素技術展」にも出展を始めた。

 精密加工や金属加工、表面処理、熱処理など業種はさまざまだ。「東京は精密加工関連、名古屋は自動車関連、大阪は中小の製造業というように、地域に合わせて取引につながりそうな企業を選んでいる」(原正夫さん)

▲ 展示会以外では、豊富な経験を持つ人材を集め、人脈を生かして他の県に市の職員として仕事を受注することもあるという

 岡谷市は、戦後、時計やカメラなどの精密工業を主要産業として発展し、『東洋のスイス』と称されたこともある。現在は光学、精密、機械など先端技術が集結し、超精密微細加工を得意とする企業も多い。松本、長野、諏訪などの周辺地域に比べ、観光産業が劣ることから工業に力を入れてきた。

 今井竜五市長も営業に積極的だ。東京、大阪、名古屋で製造業に就く長野出身者を集めて懇談会を開き、トップセールスで岡谷市の製造業のメリットをアピールする。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
地元企業と都市部の接点つくりたい上田市【自治体の出展戦略】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-3-31

    差別化商材探す個人店主 @ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア

    展示会名:ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア 2020 会期:2020年1月22日(水)・2…
  2. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  3. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  4. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  5. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る