情報通信産業と女性の創業を支援【自治体の出展戦略】

 
  • 2020/4/11

名古屋市中小企業振興センター経営支援課(名古屋市)
@ ネプコンジャパン、メッセナゴヤ、東京インターナショナル・ギフト・ショー

▲ アプリから機械の稼働状況が分かるIoTや、1枚からシールを制作できる機械が注目を集めた

 名古屋市中小企業振興センター経営支援課(名古屋市)は、地元の中小企業の販路を開拓するため、5年前から「ネプコンジャパン」に出展する。2019年は「メッセナゴヤ」と「東京インターナショナル・ギフト・ショー」にも出展し、中小企業や起業間もない女性を対象に出展を促した。

 名古屋市が産業振興策として力を入れるものの一つが、情報通信技術(ICT)分野だ。自動車産業に依存する製造業系の企業が多く、新しい市場に挑戦しなくてもこれまでは業績が好調だった。だが、自動車産業の在り方が大きく変わりつつある。先行きに対する危機感から、自動車以外の産業を育てるプロジェクトが動き出した。

▲ 「先行きに対する危機感から、自動車以外の産業を育てるプロジェクトが始まった」(中西晶嗣さん)

 女性によるスタートアップの支援も柱の一つだ。女性労働者の関東流出が行政課題になっているからだ。製造業を避けて職場を関東に求める女性が増え、流れを変えるため女性起業家を支援する。

 2つの観点から、『なごやみらい企業創出プロジェクト』として50社を採択し、「ネプコンジャパン」には12社が出展した。この取り組みをアピールする場は今のところ展示会のみで、出展費用は全て名古屋市が負担する。「ネプコンジャパン」では、企業誘致を目的に出展した愛知県との共同ブースで出展した。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
空きスペースにITベンチャーを誘致する品川区【自治体の出展戦略】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  2. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  3. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  4. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  5. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る