賞味期限調整で海外取引へ【海外バイヤーつかまえた】富士清ほりうち

 
  • 2020/3/27

富士清ほりうち(青森県青森市)
@ “日本の食品”輸出EXPO

▲ 「タイはリンゴを食べる習慣がある。市場のないところに行くよりも、認知度がある国に提案するのが近道。金額はまだ小さいが、取引の実績は自信になる」(張山聡さん)

 菓子の卸と自動販売機の管理をメイン事業とする富士清ほりうち(青森県青森市)は、海外市場を獲得するため、2018年「〝日本の食品〟輸出EXPO」に初出展した。

 リンゴのバームクーヘンが、タイのバイヤーに高級レストランのスイーツとして選ばれ取引が決まった。だが、定番メニューには採用されず、取引金額は?万円に満たなかった。初出展では、賞味期限の問題に直面した。3カ月に設定していたところ、短すぎて取引しづらいという指摘をされた。短めに設定していたが、改めて調べなおしたところ、6カ月間有効だと分かった。また、海外向けに素材を見直し、輸出に制限がかかるマーガリンを別の素材に変更するなど調整をした。

 「賞味期限が半年あれば、アジア圏では問題がないと分かったが、中東や北米は、気候や距離を考慮すると厳しいかもしれない」(張山聡さん)

 海外進出の手応えを得て、19年5月にはタイの食品総合見本市「タイフェックス」に出展した。「〝日本の食品〟輸出EXPO」の出展で知り合ったバンコクの高級ショッピングモール『サイアムパラゴン』のバイヤーと再会し、11月からバームクーヘン、アップルパイ、ベイクドチーズケーキが『サイアムパラゴン』の店頭に並ぶようになった。富裕層向けの高級商材であるため金額面で折り合わないことも多いが、他のタイ企業とも商談が進んでいる。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
ディズニー・ワールドとの取引始まる【海外バイヤーつかまえた】RS

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースには、こんな情報があります。
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド

日本全国DMO
ページ上部へ戻る