海外に圧倒される日本の家具メーカー協力体制整える【主催者に聞く】アジア家具フォーラム

 
  • 2020/3/3

アジア家具フォーラム(広島市)
アジア・ファニシング・フェア
11月13日(水)~15日(金)@東京ビッグサイト

▲「ペット専門家具が注目を集めた。ペットと共生できる住空間の提案が関心を集めた」(喜多村圭事務局長)

 4回目の開催となった「アジア・ファニシング・フェア」は、住宅関連の「JapanHome & Building Show」、インテリア関連の「JAPANTEX」と同時開催される。アジアの家具貿易を活発化させることを目指し、2016年東京流通センターで単独の展示会として始まり、2回目から東京ビッグサイトにて現在のような同時開催となった。

 出展した89社の6割が中国を中心とする海外メーカーだった。米中貿易摩擦の影響で、アメリカ市場に頼れない中国の家具メーカーの出展が相次いだ。中国企業の駆け込み出展が増えたため、展示スペースの変更は会期直前まで続いた。一方で、海外バイヤーの数は少なく、国内の家具販売店が海外の家具を探しに来る側面が強い。

 完成品家具の輸入は4000億円市場だが、輸出は80億円に留まり、貿易不均衡の状態にある。国内家具メーカーの海外進出をサポートしたいが、販売意欲が高い海外メーカーに比べ消極的だ。毎年3~5月にマレーシア、中国、シンガポールで家具の国際見本市が開かれ、欧州バイヤーはアジア各国をめぐるが、日本には関心を示さない。業界の課題だ。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
FOOMA内の一展示会として始まる【主催者に聞く】JAPAN PACK

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  2. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  3. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  4. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  5. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る