人気ユーチューバーと箱馬を販売【我が社の出展戦略】METAL TOYS

 
  • 2020/3/1

METAL TOYS(メタルトイズ・千葉県松戸市)
@ Inter BEE

▲年々アイテムを増やし、びっしりと商品が並んだブース

 METAL TOYS(千葉県松戸市)は国際放送機器展「Inter BEE」の会場で箱馬を販売する大々的に物販を行った。舞台や撮影現場で踏み台として使う箱馬を作り始めたのは、10年前だ。

 舞台で用いるクレーンや小型の台車などを製造しており、「Inter BEE」に出展したのは10年ほど前。「箱馬を作ってほしい」という写真用の依頼を受けたのがきっかけだだ。それを「箱馬屋」としてブランド化したのが2013年のこと。それから「Inter BEE」でも機材展示の傍らで物販を始めるようになった。「放送機器メーカーで小物や雑貨を作っているところはほとんどないが、逆に本業のPRにもなっている」(平川真司さん)

▲「『Inter BEE』で物販をするのはうちくらい」と話す平川さんら

 舞台役者でもある平川さんは、年々ラインナップを増やして、18年からはひな壇で箱馬製造の実演も披露する。新型のクレーンを協業で作った企業と今回から共同出展を始めるなど、「Inter BEE」での展示スタイルは回を重ねるごとににぎやかになっている。また19年8月には、役者仲間の人気ユーチューバー、瀬戸弘司さんらとともに飲食しながら箱馬をPRするという生放送を配信。その効果もあり、ブースには多くの来場者が訪れた。

 「BtoB寄りの展示会であれ、イベントに訪れた時は何かお土産を買って帰りたいというのが人情というもの」(平川さん)


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
図柄入りナンバープレートをPR【我が社の出展戦略】全国自動車標板協議会

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースには、こんな情報があります。
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド

日本全国DMO
ページ上部へ戻る