「CP+」開催中止を決定 会期2週間前、コロナウィルスの影響

 
  • 2020/2/15
展示会名:CP+(シーピープラス) 2020
会期:2020年2月27日(木)~3月1日(日)
会場:パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)
主催:(一社)カメラ映像機器工業会(CIPA)

 写真愛好家が集まる写真関連の展示会「CP+(シーピープラス)」を主催する(一社)カメラ映像機器工業会(東京都港区)が、コロナウィルスの拡散を理由に、2月14日、開催中止を決定した。会期2週間前というタイミングで、国内の主要な展示会で中止を決めたものとしては第1号となる。12日には世界最大の通信業界の展示会「モバイル・ワールド・コングレス」も中止となっており、開催を間近に控える国内外の展示会の開催動向に注視が必要だ。

▲2018年のオープニングセレモニーの様子

 「CP+」の来場者はカメラユーザーなどの消費者層が中心で、昨年は7万人程度が来場した。イベントに向けて新製品を発表するメーカーも多く、直接手に取って触れることが魅力となっている。これらの実態を鑑み、工業会は「不特定多数の来場者に感染するリスクを排除しきれない」として中止を決定した。

 今年は135社が出展する予定だった。そのうち、カメラ映像機器工業会の会員企業は16社で、出展料金の払い戻しや、キャンセル料の取り扱いについては「今のところ、何も決まっていない」(実行委員会)という。中止を決定するまでに、2~3週間前から新型肺炎の拡散状況を見ながら検討を重ねた。延期とせず中止とした理由は、「会場の空き状況と、タイミングを考えてのこと」だという。


【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

おすすめの記事
世界最大の通信業界の展示会「モバイルワールドコングレス」開催中止を決定

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る