ピルケース付き携帯コップいまいち【ノベルティの選び方】オリゾンシステムズ

 
  • 2018/11/25

オリゾンシステムズ(東京都新宿区)
@ 日経xTECH EXPO

▲10年前にチェコスロバキアで誕生したネットワーク可視化システム「Flowmon」をPR

 オリゾンシステムズ(東京都新宿区)は「日経xTECH EXPO」で折りたたみ式の携帯コップを配布してブース誘導を図った。ノベルティを選ぶ基準は流行の最先端のものだという。今回の携帯コップは出先での使用を想定し、フタの裏にはピルケースも備える。水色をブランドカラーとしているため白と水色の2種類を採用した。

 資料を受け取ってもらえるよう、ノベルティは毎回工夫する。過去にはデザイン性に富んだペンスタンドや珪藻土のソープトレイ、熱伝導でアイスクリームがとけやすくなるスプーンなどを配布。前回の「InteropTokyo」では、爪切りや耳かきなど6点が入ったグルーミングセットを2500個用意したところ、受け取る人が多く最終日の午前中に全て配り終えてしまった。

▲不織布バッグに入れた資料とともに配布

 今回は3000個を用意したが、配布したのは2000個程度だったという。「来場者のニーズとずれていたのかもしれない」(城谷悦子さん)


おすすめの記事
出会いの「種」を来場者へまいて【ノベルティの選び方】Sansan

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る