出会いの「種」を来場者へまいて【ノベルティの選び方】Sansan

 
  • 2018/12/10

Sansan(東京都渋谷区)
@ Japan IT Week

▲ミニトマトや小かぶ、人参、パセリ、青ネギ、ミントなどさまざまな野菜の種を1日300個限定で配った

 「Japan IT Week」で野菜の種をノベルティとして配布したのは、クラウド名刺管理サービスのSansan(東京都渋谷区)だ。ミニトマトや小カブ、人参、パセリ、青ネギ、ミントなどさまざまな野菜の種を1日300個限定で配った。「なぜ、野菜の種を?」と疑問に感じる来場者も多く、結果として多数の人がブースで足を止めたという。

 「出会いの〝種〟を大切にしたいという思いを込めて、野菜の種を配布することにした」と話したのは、鈴木星純さんだ。「名刺を通じた人との出会いが企業の資産になる」との考えから、展示会に出展するたび、「出会い」にまつわるノベルティを配布するのが定番となっている。過去には、出会えて「めでたい」との意味を込めたたい焼き、出会いが「折り重なる」との意味を込めたバームクーヘン、出会いに感謝を「込めて」との思いから米2kg分を配布したこともあったという。

▲「出会い」にまつわるノベルティを配布するSanSan(東京都渋谷区)

 「野菜の種の他に、スマホリングやステッカー、ラムネも用意しているが、スマホリングのようにありがちなノベルティは配布してもなかなか足を止めてもらえない。一方、野菜の種にはどんな意味が込められているか一見して分からないため、話すチャンスが生まれる。アイスブレイクにもなるので好評」(鈴木さん)


おすすめの記事
「シラスの消臭効果、体感して」廃材を活用した消臭ボール配布【ノベルティの選び方】高千穂シラス

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る