1年分8000個発注した結束バンド【ノベルティの選び方】メンター・グラフィックス・ジャパン

 
  • 2019/4/25

メンター・グラフィックス・ジャパン(東京都品川区)
@ オートモーティブワールド

▲「色のバリエーションが多い方が受け取ってもらえる」と話すエリソン有理さん

 電子機器メーカーのメンター・グラフィックス・ジャパン(東京都品川区)が「オートモーティブワールド」で配布したのは結束バンドだ。デスク周りの配線などをまとめるためのもので、今回のような製造機器メーカーが多く集まる展示会では手に取ってもらいやすかったという。

 2500個を用意し、5色の中から選べるようにした。色のバリエーションが多い方が受け取ってもらえるという。ロゴと社名を入れて単価は約200円。単価を下げるため、1年分、約8000個を一気に注文した。その他の展示会でも配布予定だという。

 過去には入浴剤やLEDライトで光るヨーヨー、ストレス解消ボール、ミントタブレット、ピルケース付きの携帯コップなどを配った。最も受けが良かったのはLEDヨーヨー。子どもへのお土産として持ち帰る人が多かった。また、ミントタブレットは口臭のケアに気を使う人も多く、受け取ってもらいやすかったという。

 一方で結果につながらなかったのは入浴剤だ。入浴はシャワーだけで済ます人も多いため意外に不評だった。「入浴剤は女性のほうが受け取ってもらいやすく、男性の多い展示会では苦戦した。客層に合わせたノベルティ選びは大切だ」(広報・エリソン有理さん)


おすすめの記事
会場内で目立つ「自撮り棒」【ノベルティの選び方】パシフィックネット

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る