ゴミを処理するメタン発酵施設 富士クリーン【展示会で見つけた面白い商品】

  • 2020/2/3

富士クリーン(香川県綾歌郡)
@ NEW環境展

▲経産省からの要請で補助金の支給を受け展示会へ出展した

 国内初となる乾式メタン発酵施設。2018年、1棟目のプラントが香川県に完成した。

 縦型乾式メタン発酵施設は、中に選別機が搭載され、ゴミを分別する必要がない。多少異物が入っていても問題なく運用できる。エネルギーを生成した後の残留物は埋め立て処分場に持っていく。従来のメタン発酵では液状にしてから発酵させていた。

 プラントの建造費は40億円で、工期は1年半。設計や現地調査を含め、1基目を造るのに5年程かかった。

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る