ゴミを処理するメタン発酵施設 富士クリーン【展示会で見つけた面白い商品】

 
  • 2020/2/3

富士クリーン(香川県綾歌郡)
@ NEW環境展

▲経産省からの要請で補助金の支給を受け展示会へ出展した

 国内初となる乾式メタン発酵施設。2018年、1棟目のプラントが香川県に完成した。

 縦型乾式メタン発酵施設は、中に選別機が搭載され、ゴミを分別する必要がない。多少異物が入っていても問題なく運用できる。エネルギーを生成した後の残留物は埋め立て処分場に持っていく。従来のメタン発酵では液状にしてから発酵させていた。

 プラントの建造費は40億円で、工期は1年半。設計や現地調査を含め、1基目を造るのに5年程かかった。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る