春風亭昇太に首ったけ 岩田 明子【イベント人物図鑑】

 
  • 2020/1/31
岩田 明子さん

 最近、落語を見る機会が増えた。「昭和元禄落語心中」という落語を題材にしたアニメの影響だ。浅草演芸ホールでトリを務めた春風亭昇太の新作落語で、巧みな話術を目の当たりにした。以来、ネットやラジオで落語を聞くようになった。同じ古典落語でも、はなし家によってオチが違う、奥深い世界を知った。

 MC歴は6年目を迎える。駆け出しの頃、一般車でも参加できるモータースポーツ「ジムカーナ」のトップドライバー、山野哲也さんとのトークショーで「MCが全てを知っている必要はない。純粋な質問をしてほしい」と言われ、仕事を続ける自信が湧いた。

 横浜市立大学時代にミスコンでグランプリを獲得し、卒業してからモデルの世界に飛び込んだ。富士スピードウェイのイメージガールの仕事で、人前で話すことの楽しさを知り、MCの活動をはじめた。現在は、式典の司会、映像ナレーション、広告モデルも務める。久々の展示会MCとなった東京モーターショーでは、日本グッドイヤーでMCを務めた。

 『晴れた日は晴れを愛し 雨の日は雨を愛す』という言葉を大事にする。どんな環境でも楽しむ精神を忘れないということだ。リポーターやキャスターなど、新しい仕事にも挑戦したいと考えている。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
中国語でロボット工学話したい 椎名 真夕【イベント人物図鑑】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースには、こんな情報があります。
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド

日本全国DMO
ページ上部へ戻る