ゆずゼリー、香港・シンガポールで反応上々【海外展示会挑戦記】ナチュレ

 
  • 2020/1/21

ナチュレ(神奈川県小田原市)
@ Food Expo(香港)、Food Japan(シンガポール)

▲ゼリーの市場もすでにあるので入っていきやすかったという。全体的なニーズは日本と遜色なく、意外に受け入れられたのは桜ゼリーだ

 「商売を続けるには海外に出ざるを得ない」フルーツゼリーメーカーのナチュレ(神奈川県小田原市)を率いる大曽根一成社長は、2018年から海外展示会出展を始めた。ジェトロを通じて「Food Expo」(香港)に2年連続出展した。

 年商は約1億円で、海外売り上げは3%の約300万円。香港とシンガポールの高級スーパーで取り扱われる。香港は「Food Expo」で、シンガポールは日本の商談会でつなががった取引先だ。消費者が手に取りやすいよう、野菜やフルーツの隣に一緒に置いてもらうことが売り上げを伸ばすコツだという。

▲「日本の食品会社が海外市場に出て、海外を身近に感じられるような機運が高まれば」と話した大曽根社長

 海外で好まれるのは桃、みかん、りんご、ぶどうの4つだが、初出展した際、ゆずが注目を集めた。そこでゆずのゼリーを開発し今年の会場で展示したところ、反応は上々だった。「香港でもシンガポールでも、ゆず製品は非常に人気が高い。一方、ゼリーの弱点は賞味期限が90日と短いこと。賞味期限が半年以上のものが好まれる」(大曽根社長)

 桜ゼリーも好評だった。桜の時期の3~4月に、シンガポールでは1店舗で2000個を売り上げた。10月末には自治体の全額負担で、シンガポールで開催された「Food Japan」に出展した。

この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。

おすすめ記事
アジアでドレッシング販売 海外展開8年目手応え感じる【海外展示会挑戦記】グラッツェミーレ

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る