ホテル、オフィス向け商材が好調 @JAPANTEX

 
  • 2020/1/13
展示会名:第38回 JAPANTEX(ジャパンテックス) 2019
会期:2019年11月13日(水)~15日(金)
会場:東京ビッグサイト 南1・2
主催:日本インテリアファブリックス協会
出展者数・小間数:260社・550小間
出展者層:カーテン、壁紙、床材、家具
来場者層:インテリアコーディネーター、リフォーム業者
同時開催:Japan Home & Building Show

 インテリアファブリックの展示会「JAPANTEX」では、空間を飾る商材を探すインテリアコーディネーターの来場が目立った。建設ラッシュのホテルや、移転が盛況なオフィス、商業施設や飲食店など、非住宅への高級感のある提案に対する要求が高まっている。

▲関家具(福岡県大川市)ではインバウンドを狙った和モダンデザインが人気を集めた

 建材、設備、インテリアのシミュレーションサイトを展示した福井コンピュータアーキテクト(福井県坂井市)には、インテリアコーディネーターやリフォーム関連業者が集まった。CADデータを3次元化した空間をVRで見ることもできる。「施主に対して、カーテン、壁紙、床材を単体で提案する時代ではない。全体をコーディネートして見せないと伝わらない」(鈴木宏将さん)

 壁紙、オーダーカーテン、床材などのインテリア商品を扱うリリカラ(東京都港区)にも、インテリアコーディネーターが集まった。「住宅だけに頼れる時代ではない。ホテルやオフィスでの需要が特に伸びており、木目調など高級感があるものがトレンドだ」(中村佳弘さん)

 壁紙、ふすま紙をPRしたルノン(東京都品川区)の鈴木明夫さんも「商業施設やホテルなどの非住宅では、付加価値の高い壁紙が選ばれやすい」と話した。一般住宅の場合、新築では設備に予算が取られてしまうので、リノベーションするときの方が上質な壁紙が採用されやすいという。

 椅子と照明器具を展示した関家具(福岡県大川市)には、空間のアクセントとなる、小さくてデザイン性のある照明器具に関心を持つインテリアコーディネーターが多く集まった。「家具で人気のデザインは和モダン。外国人観光客の増加を背景に、和食店からの引き合いが増えている」(相川晃宏さん)

この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。

おすすめ記事
唯一無二の空間づくり求められる工芸技術 @LIVING & DESIGN

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースには、こんな情報があります。
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド

日本全国DMO
ページ上部へ戻る