中国語でロボット工学話したい 椎名 真夕【イベント人物図鑑】

 
  • 2019/12/31
イベント人物図鑑
椎名 真夕さん

 短大卒業後、パティシエを目指して洋菓子店に就職したが、幼い頃から憧れていた話す仕事を諦めきれず、地元岐阜のラジオ局に転職した。制作や裏方の仕事をしつつ、生放送のパーソナリティも務め4年間経験を積んだ。イベント業界に転身後はラジオの仕事も一部で引き受けていたが、2019年6月、東京に拠点を移してからは司会業に完全に軸足を移した。

 原稿の暗記は展示会のMCになって初めて経験したことだ。「ラジオはフリートークが中心で、相手がいたり、一人でも聞く人を意識して自由に組み立てることができる。イベントでは、決まったことを話さなければならない。とにかく緊張した」

 最近、中国語の勉強を始めた。英語は得意だったが、展示会で中国の来場者から話しかけられる機会が増えてやる気に火が付いた。ロボット工学にも手を広げようとしている。こちらは名古屋でロボット工学の展示会に関わる機会が多く感化された。

 趣味は旅行だ。休みが取れたら出かけている。パンダの数が日本で一番多い動物園、南紀白浜のテーマパーク「アドベンチャーワールド」や、カンボジアのアンコールワットが印象に残っている。「和歌山は海がきれいで、穏やかな空気が岐阜に似ていて心地よかった」


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめ記事
少しでも海にいたいから 齊藤 たかこ 【イベント人物図鑑】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースには、こんな情報があります。
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド

日本全国DMO
ページ上部へ戻る