地域食品に特化【主催者に聞く】地方銀行フードセレクション実行委員会

 
  • 2019/12/18

地方銀行フードセレクション実行委員会
地方銀行フードセレクション
2019年9月19日(木)・20日(日)@東京ビッグサイト 南1~4

▲初めて出展者が1000社を超えた

食品バイヤーも多数来場する地方銀行フードセレクション

 14回目となる今回は55の地方銀行が集めた1031社が出展した。1000社を突破したのは初めてだ。出展企業の大半が装飾なしの1小間で出展し、地銀の社員が出展者と一緒になって地元の商品をPRするのが特徴だ。

 当初は地方銀行が地元企業の出展を募っていたが、最近は商工会や自治体との連携が増えた。今年は約400社が商工会や自治体のサポートを受けて出展した。この数字は昨年よりも100社多い。九州地区に勢いがあり、約4分の1が九州の企業だった。

地方銀行フードセレクション実行委員会 奥村友哉さん

銀行の後押しによって初出展する企業が多く、他の大型展示会と出展者が異なることから、百貨店、スーパー、外食チェーンなどの食品担当バイヤーの注目度も高い。地銀社員がPR活動を支援するためPRのレベルが上がってきている。試食に力を入れるなど、どうすれば品物の魅力をバイヤーに伝えられるかを皆が考えており、展示会の質が年々上がっている。「当初は、テーブルに食材を並べるだけのブースも多かった。地方銀行の社員がPRに注力するようになり、試食やキャンペーンスタッフの営業活動が強化され、販促のレベルが上がった」(奥村友哉さん)


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
出展企業は初の1000社超え @地方銀行フードセレクション

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑 20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る