失禁防ぐ収尿器 朝日産業【展示会場で見つけた面白い商品#7】

 
  • 2019/12/31

朝日産業(名古屋市)
@ 国際福祉機器展

▲出展を始めたころは、収尿器に対する来場者の関心は薄かったが、年々反響がよくなっているという

 失禁や尿漏れを防ぐ収尿器の需要が拡大している。男性器に直接チューブを付けて尿漏れを防ぐものだ。5年前に開発した商品で、おむつに抵抗がある高齢男性の間で人気だという。展示会では、女性用の収尿器に対する相談も多く、「今後の開発テーマにしたい」(佐名辰巳さん)

 センサー付きのおむつもある。排せつしたのかが遠隔で分かる仕組みだ。おむつ交換のタイミングを把握しやすい。介護される側も快適だ。訪問介護や介護が必要な家族を持つ一般消費者が関心を示した。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめ記事
介護支えるIoT技術が集まった @国際福祉機器展H.C.R.

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る