猛暑にひんやり冷却タオル EX・ダンビー協会 【ノベルティの選び方】

 
  • 2019/11/25

EX・ダンビー協会(東京都中央区)
@下水道展

▲500社を超える会員からなるEX・ダンビー協会(東京都中央区)は「下水道展」に継続的に出展している

 EX・ダンビー協会(東京都中央区)は、下水道管の工事において開削せずに改良できる「ダンビー工法」をPRするために、冷却タオルを配った。特殊な素材で作られており、濡らして絞ると、気化熱効果によってひんやりとした感覚を得られるこのタオルは、猛暑日が続く時期の開催ということもあり好評だった。

 今回は4日間の会期で3000個を用意し、名刺との交換で最終日の昼過ぎには2600個ほどを配った。過去には付箋やペンを配布したこともあったが、いずれも好評とは言えなかった。扇子を配ったこともあり、その際は外国人来場者からの反応が良かったが、なかなか適したノベルティには出合えていない。

 「評判がいいノベルティがあれば継続するが、まだそれが見つからない。いまだにストライクを探しているという感じ。今回もある程度は好評だったが、夏限定だ。次は何にするか検討する」(北畠健さん)


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
メンテナンス需要が増加 @ 下水道展

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る