健康食品、美容業界の来場者が目立つ @BioJapan

 
  • 2019/11/20
展示会名:BioJapan 2019
会期:2019年10月9日(水)~11日(金)
会場:パシフィコ横浜
主催:BioJapan組織委員会
出展者数:約570社(海外 約340社)
出展者層:国内外の医薬関連メーカー、公的研究機関、大学研究室、医療器具開発
来場者層:医薬品・健康・美容メーカーおよび関連商社 同時開催:再生医療JAPAN 2019

バイオ技術の展示会に、付加価値のある機能性商品が求め

 医薬業、健康産業などの関係者が集まる「BioJapan」では、健康・美容業界関係者の来場者が増加した。従来は医薬、製薬業界の来場が多かったが、健康志向の高まりから、付加価値のある機能性商品が求められる傾向が強まり、美容、健康食品メーカーもバイオ技術を積極的に取り入れているようだ。

▲マリンナノファイバー(鳥取県鳥取市)の正司禎朗さんは「医薬と健康業界の関係者と一度に会えるため有意義」と話した

 材料や製品の分析を受託する材料科学技術振興財団(東京都世田谷区)のブースには、医薬、美容、健康メーカーや大学の研究機関の担当者が訪れた。医薬業界以外にもバイオ技術に着目する業界が増えており、多様な材料に対応できるよう新しい分析機器も取り入れているという。

 バイオ医療に適した海外メーカーの医療器具を紹介した医療器具開発のZenius(東京都目黒区)には、医薬・製薬関係者に加え、ジェネリック医療関係者が来場した。ジェネリックというと現在は投薬が主だが、今後、治療現場での採用が予想されている。そのための医療器具の開発が求められているということだ。

 複数の化粧品メーカーの担当者からは、「医薬品と同等の効果を得られるが、医薬品の承認を得るには費用と時間がかかるため申請する予定はなく、医薬部外品として提供をつづける」という発言があった。「効果を認めた医療機関からは、リピートオーダーやOEM供給の要望も集まった」(ロジック(京都府宇治市)伊藤義晴さん)

 カニ殻に含まれる成分からつくる素材を、食品、医療、美容業界向けに販売するマリンナノファイバー(鳥取県鳥取市)にも、医薬、健康食品双方の業界関係者が集まった。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめ記事
食品開発の総合展 健康食に注目集まる[口コミ] @ifia/HFE JAPAN 前編
食品開発の総合展 健康食に注目集まる[口コミ] @ifia/HFE JAPAN 後編

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る