多方面への新技術の応用に関心集まる[口コミ]@通信・放送Week 後編

 
  • 2019/11/19
>>前編はこちら

高品質映像技術に対応の必要性

▲イメージニクス(東京都調布市)

 映像機器メーカー。初出展。映像や通信関連の来場者のほか、映像系を中心に医療系、通信系の企業が訪れた。来場者の関心は高品質な映像技術の伝送方法に集まり、映像データの切り替えや変換・分配に悩みを抱える企業が多かった。

 高品質な映像技術は、放送分野、医療分野で応用の需要が高く、多くの業種に対応する必要がある。完全な普及には時間が必要だ。広告分野や医療分野は早い普及が見込まれる。


来場者多く満足

▲ソシオネクスト(横浜市)

 大規模な集積回路を扱う企業2社が共同して設立した会社で、単独での本展示会への出展は初めてだ。展示会で扱われるカテゴリの親和性も非常に高く、出展者も顧客になる。来場者の中心は放送関係者。満足度は非常に高い。1日当たり100~150枚ほどの名刺を交換した。半導体を製造。売れ行きの低下を受け、最近は自動車分野やカメラ分野に完成品に近いものとして販売している。


コネクタの需要 業界ごとに異なる

 大手金融機関や大手通信会社で社内の情報通信網の構築に使われる、光通信用のコネクタをPRした。情報システムの関係者が来場者の中心だったが、業界によって求めるものが異なるため、それぞれの仕様に合わせてコネクタをつくる必要があることを確認した。

 世界的なデータ量の増加に伴い、コネクタの需要は高まっている。海底ケーブルなどの有線ケーブルの技術も向上し、衛星通信の1000倍のデータ量の通信が可能だ。電線の形も通信の発達とともに形を変え、コネクタに求められるものも変化している。


5G対応への切迫感感じた

▲キョウデン(長野県上伊那郡)

 プリント基板の設計や造形・実装を行う。電機メーカーが主要な顧客。今回も多くの電機メーカーが来場した。5Gに関しては、漠然と対応を図らなければと考える企業が多い。具体的な対応案が見当たらないこともあって、企業の切迫感を感じた。また、自動車分野でプリント基板の技術を求められる可能性が浮上し、実現はまだ現実的ではないが、今の段階から積極的なPRを行う。初出展だが、連日250枚を超える名刺の交換ができ、各企業の関心の高さが見受けられた。

出展者が挙げた競合展示会

Inter BEE
2019年11月13日(水)~15日(金)
@幕張メッセ
主催:(一社)電子情報技術産業協会

インターネプコン ジャパン
2020年1月15日(水)~17日(金)
@東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン

Japan IT Week【春】
2020年4月8日(水)~10日(金)
@東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン

スマートファクトリーJAPAN
2020年10月14日(水)~16日(金)
@東京ビッグサイト 南展示棟
主催:日刊工業新聞社


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめ記事
放送機器展からメディア産業展へ転換 @ Inter BEE

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る