蓄電池や非常発電設備への関心大 @危機管理産業展

  • 2019/11/22
展示会名:危機管理産業展 RISCON(リスコン)TOKYO
会期:2019年10月2日(水)~4日(金)
会場:東京ビックサイト 青海展示棟
主催:東京ビックサイト
出展者数:298社
出展者層:防災・減災関係のソリューション、セキュリティ対策、事業リスク対策
来場者層:警察、消防、自衛隊、インフラ・施設、民間企業、病院・学校
同時開催:テロ特殊装備展、PPE・労働安全フェア、気象ビジネスサミット、サイバーセキュリティーワールド

町内会や自治会も自ら災害対策

 事業活動のリスクに対応する製品やサービスを集めた「危機管理産業展」には、自然災害対策を急ぐ国や自治体、企業などの防災担当者が集まった。大規模災害が続く中、市民の防災意識も高まり、町内会・自治会・マンション管理会社などの来場者も目立った。

▲スマートフォンの充電に使える蓄電池を展示したシーンズ(東京都港区)には、自治会や個人での来場者も多かった

 硬質ウレタンボートを製造する浜口ウレタン(浜松市)では、車に収納でき、大人2人で持ち運ぶことができる小さな商品が関心を集めた。「消防団にとって、従来のボートは大きくて高額だった。防災倉庫に置ける大きさのものを導入したいという話があった」(藤原大輔さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る