EVと資源リサイクル関連が並んだ先端化学製品の展示会 @ケミカルマテリアルJapan

  • 2019/11/20
展示会名:第2回 ケミカルマテリアルJapan2019
会期:2019年9月18日(水)・19日(木)
会場:パシフィコ横浜 ホールC・D
主催:化学工業日報社
出展者数・小間数:177社・274小間
出展者層:化学メーカー全般
来場者層:化学メーカー、化学関連の卸業者、自動車・家電・住宅など各産業の研究機関、学生

 先端化学製品や素材を集めた「ケミカルマテリアルJapan」は、会場スペースを前回2018年から1.5倍に拡大した。近年、化学業界の主要テーマとなっている電気自動車と資源循環型社会に関連した製品が目立った。

天然素材やバイオマス原料など多数

▲会場ではEV用の資材の展示が並んだ

 昭和電工(東京都港区)は鉄をリサイクルするための電極の需要が拡大しているという。アロンアルファでおなじみの化学メーカー、東亞合成(東京都港区)では、天然素材をベースにした原料を使った製品への需要が高まっている。「印刷工場や塗料メーカーが植物由来のインキを求めるなど、数年前まで価格を理由に採用されなかったような素材の需要が高まっている」(松井智隆さん)

▲inQs(東京都港区)はスマホ用のカバーでガス爆発を防ぐ機能を持つ商品を展示した
こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る