出展企業は初の1000社超え @地方銀行フードセレクション

  • 2019/11/18
展示会名:地方銀行フードセレクション2019
会期:2019年9月19日(木)・20日(金)
会場:東京ビッグサイト 南1~4
主催:地方銀行フードセレクション実行委員会(地方銀行55行、リッキービジネスソリューション)
出展者数:1031社
出展者層:主催銀行と取引がある生産者、食品メーカー、食品商社、卸
来場者層:百貨店、卸業、商社、ホテル、外食チェーン、小売業

 食品企業や生産者とバイヤーをつなぐ展示会「地方銀行フードセレクション」の出展者が、初めて1000社を突破した。特に九州の企業の出展が多く、出展者数の4分の1を占めた。

食品生産者が出展 健康志向はさらに顕著に

▲エヌケーフーズ(佐賀県鹿島市)では、加工肉に関心を示す人が多かった

 食品市場では健康志向が強まっている。缶詰メーカーの福井缶詰(福井県小浜市)によると、特に人気が高いのがサバの缶詰だという。栄養価の高さと、テレビで健康や美容に対する効果の高さが取り上げられたことがきっかけとなった。同社は一つ500円ほどの高価格帯のサバ缶を扱うが、「ギフトなどで人気」(大場立春さん)だ。食品のみならず雑貨店のバイヤーも缶詰に関心を示したという。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る