介護支えるIoT技術が集まった @国際福祉機器展H.C.R.

  • 2019/11/18
展示会名:第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019
会期:2019年9月25日(水)~27日(金)
会場:東京ビッグサイト 西・南展示棟
主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会
出展者数:438社(国内379、海外59)
出展者層:福祉機器、日常生活支援用品、施設向け各種サービス、建築・住宅設備
来場者層:介護事業者、医師、看護師、保育士、建築・設計関係者、学生、一般

 福祉機器や介護サービスの展示会「国際福祉機器展(H.C.R.)」では、人手不足による人件費の上昇に苦しむ介護施設が、福祉機器に割ける予算をしぼる状況が垣間見えた。低コストで業務負担の削減につながるアイデア商品に対する注目度が高まっている。

おむつセンサー、注目集める

▲車椅子利用者と寝たきりの人が、それぞれ利用できる浴槽を展示したメトス(東京都中央区)

 会場では、先端テクノロジーを搭載した商品を展示するブースが目立った。ソフト開発のシーディーアイ(東京都中央区)が紹介したのは、ケアマネジャーのパートナーとして自立支援型ケアプランの作成を支援する人工知能だ。国が推奨する自立支援に特化した提案を行うのが特徴で、ケアプランの1年後の将来予測を五角形のチャートで表示する。「昨年の発売以来、引き合いが多い製品。目に見える形でチャートに表示されるので、格好の説得材料になる」(古畑翔さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る