有田焼老舗のカップ&ソーサー 北米最大のギフト展で最優秀商品に

香蘭社
@大連日本商品展覧会(中国)、NY NOW(米)

 創業330年の有田焼の老舗、香蘭社(佐賀県西松浦郡)は、戦前、ニューヨーク、大連、上海など海外に拠点があった。終戦に合わせて撤退を余儀なくされたが、20年ほど前から、海外バイヤーが買い付けに訪れるようになり、5年前に海外事業部ができた。それを機に海外展示会への出展が始まった。

▲「海外バイヤーとの信頼関係を深めて、取引につなげたい」と話す青山哲也さん

 中国では日本製品を求めてバイヤーが集まる大連日本商品展覧会や、陶磁器の専門展に出展し、消費者向けの販売や代理店を開拓する。瑠璃(るり)色の皿が中国人富裕層に受け入れられ、現在年商20億円のうち7~8%を海外で売り上げる。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る