ロボットによる人手不足解消の提案 @ サービスロボット開発技術展

展示会名:サービスロボット開発技術展、産業用ロボット開発技術展、次世代モビリティ開発技術展
会期:6月6日(木)・7日(金)
会場:インテックス大阪
主催:関西ロボット開発技術展実行委員会
(大阪国際経済振興センター、エグジビションオーガナイザーズ)
出展者数:81社

 
 ロボット開発に関わる企業が出展した「サービスロボット開発技術展」では、人とともに働くロボットの展示が目立った。人手不足への対応として、ロボットを提案する企業が増えている。


 券売機、通貨処理機などを製造するグローリー(兵庫県姫路市)は自社の製造ラインで活躍する双腕型のロボットを展示した。製造業系の来場者から工場を自動化するのに必要な予算など、具体的な相談を受けた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る