外国人旅行者向けの土産、好調続く @東京インターナショナル・ギフト・ショー 

  • 2019/11/4
展示会名:第88回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 秋2019
会期:2019年9月3日(火)~6日(金)
会場:東京ビッグサイト 西・南・青海展示棟
主催:ビジネスガイド社
出展者数:2967社(海外774社)
出展者層:消費財関連の国内メーカー・輸入商社・欧米メーカー

良質、珍しさ 日本製だけでは振り向かない

 贈答品と生活雑貨の展示会「東京インターナショナル・ギフト・ショー」でバイヤーの注目を集めたのは、依然として外国人旅行者向けの商材だった。それらの一部は海外バイヤーとの商談につながった。アジアから訪れたバイヤーは、日本製というだけでは振り向かなくなっており、良質さに加えて他にはない珍しさを求める人が増えた。外国人による消費の獲得という点で、出展企業の勝敗が分かれる結果となった。

エイチ・エヌ・アンド・アソシエイツ(静岡市)は、今年からインバウンド向けの商材の取り扱いを始めた

 外国人旅行者向けの消費を狙い、和柄の雑貨を展示したエイチ・エヌ・アンド・アソシエイツ(静岡市)のブースには、地方の小売店や土産物店のバイヤーが集まった。和柄の手ぬぐいには、旅館を取引先に持つ卸売会社が興味を示した。外国人の名前を漢字にしたキーホルダーやマグネットも、インバウンド用の土産として人気の商品だ。「バイヤーが求めているのは市場にない珍しい商品」(渡邉喜一郎社長)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る