総務・人事・経理ワールド2019
会期:2019年5月29日(水)~31日(金)
会場:東京ビッグサイト西棟、青海棟
主催:リードエグジビションジャパン
出展社数:約800社
来場者数:6万662人

 
 業務管理部門の担当者向けの展示会「総務人事経理ワールド」では、AIやビッグデータを使った働き方改革の提案商品が並んだが、情報収集を行う人が大半で、導入を具体的に進める来場者は一部に限られた。業務効率化に向けた総務部門のシステム変更は、スタートラインについたばかりで、具体例は乏しいようだ。

 クラウドサービスを提供するインターパーク(札幌市)は、名刺管理サービスや、RPA(ロボットによる業務の自動化)に関心が集まった。だが、職場における働き方改革の課題が不明確なままの来場者も多く、「明確な目的はないが業務改善したいという相談が多かった」(太田竜平さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る