製パン、製菓用の材料や設備の展示会 @P&B Japan

 
  • 2019/8/28
展示会名:第8回 P&B Japan
会期:2019年7月22日(月)~24日(水)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟B
主催:日本イージェイケイ
出展者数:74社
出展者層:素材メーカー、調理済み食品サプライヤー、厨房機器、衛生・包装資材
来場者層:シェフ、パティシエ、メーカー、飲食店経営者、卸売業者
構成展:カフェ・喫茶ショー、ピザ&パスタショー、インターナショナルティーショー、カフェデザイン&ディスプレイショー
同時開催:栄養食品素材展

 製パン、製菓用の材料や設備を集めた展示会「P&B Japan」では、製造効率を上げる商材にパティシエやベーカリー経営者らが集まった。消費者の健康志向を背景に、健康機能を高めた材料にも注目が集まった。

材料やトレーで職人の労務軽減

 小麦粉メーカーの小田象製粉(岡山県倉敷市)は、冷蔵・冷凍に対する耐性に優れた小麦粉を展示し、個人経営のベーカリーや卸売関係者を集めた。新しい粉砕技術で保水性を高めた小麦粉で、生地の作り置きを可能にするものだ。「早起きして生地を仕込む必要がなくなる。パン職人の生活を変えるもの」(神社有紀さん)

 包装メーカーのKKI(愛知県西春日井郡)では、パンをのせたトレーをそのまま包装して持ち帰らせるシステムを展示した。レジ渋滞を解消することを目的に開発した商品で、スピードに加えパンがつぶれるのも防ぐ。来場者からは環境への配慮が求められた。「プラスチックではなく、紙で作ってほしいという相談があった」(篠田泰三さん)

 4年ぶりに出展した厨房機器製造のレマコム(静岡県三島市)には、ミニベーカリーの開業や、カフェのなかにベーカリーを設置したいという相談が多く持ち込まれた。「前回は大きな設備投資に関する相談が目立ったが、今年は狭い場所に設置できる機械に注目が集まった。コンパクトなベーカリーがはやりのようだ」と、阿部博文専務取締役は話した。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
個人店と接点作れる [口コミ]@ ベーカリー&カフェジャパン

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る