【全国DMO巡り VOL.24 】(一社)高千穂町観光協会「名所が人気スポットとは限らない」

▲約7㎞にわたって断崖がそそり立つ観光名所の「高千穂峡」では貸しボートで遊覧ができるほか、夏季期間中は真名井の滝がライトアップされるなど、人気スポットとなっている

観光客調査で初めて見えた需要

 名勝・天然記念物に登録される「高千穂峡」は宮崎有数の観光名所だが、年間延べ宿泊者数は約20万人で、そのうち外国人観光客は3万人程度にすぎない。観光協会には半世紀以上の歴史があるが、地元企業や団体との連携は3年前にはじまったばかりだ。それ以前は観光協会が観光振興に取り組んできたが、2016年の熊本地震で風評被害に苦しむ中で、旅館組合や商工会が結束するようになった。その後17年に、(一社)高千穂町観光協会(宮崎県西臼杵郡)がDMOに登録され、観光施策の統合が進んだ。 
 

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る