馬肉もいまや定番メニュー【記者の目】

 
  • 2019/9/25

 ユッケの大半は馬肉を使っているという。

 2011年に富山の焼き肉店で起きた集団食中毒をきっかけに、牛肉は生食用の販売や提供が禁止された。競走馬として実績を残せなかったサラブレッドも、食肉として我々の胃袋に収まっていくものがほとんどだということを、馬肉の名産地、熊本の千興ファームから聞いた。生肉を食べたがる人が多いため、新たにメニューに加える飲食店も増えている。

 少し珍しいものだと思っていた馬肉だが、今や全国の焼き肉店でも食べられるものとなっていた。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
個人経営者や現場スタッフの姿も目立つ @ ミートフードEXPO~焼肉ビジネスフェア~

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る