DIY女子ブームで女性向け商品が人気 [口コミ]@ エクステリア×ガーデンエキシビション(前編)

開催概要
会期:4月10日(水)・11日(木)
会場:幕張メッセ 1~3
主催:エクステリア×ガーデンエキシビション2019実行委員会
出展者数:65社
来場者数:1万3114人

DIY女子ブームで女性向け商品が人気

エクステリアの専門展「エクステリア×ガーデンエキシビション」では、DIY女子ブームの影響を受け、女性来場者が増加した。石材加工のソーセキ(栃木県佐野市)では淡いピンクの石材に対する反響が大きくなった。「女性の来場者が増えたことが影響している。ひと昔前は黒っぽくて渋みのある、和風のものが人気だった」(柳田貴志部長)

宅配ボックスに対するニーズも多かった。2年前から宅配ボックスを製造販売するエス・ディ・エス(石川県白山市)では、意匠性を求める来場者が増加した。「アパートもデザイン性が高くなり、雰囲気を壊さないものが求められている。昨年までは宅配ボックス自体を知らない人も多かったが、今年は知っている人ばかりだった」(小畠健吾さん)

主催者が順路を設定し、会場全体に来場者が行きわたったことを評価する出展企業も多かった。エクステリア商材の専門商社、竹藤商店(愛知県小牧市)の浅沼有視部長は、赤いパンチシートで示された順路を来場者が歩き、ブース来場者が増加したと話した。また、小間割りや搬入の段取りがよく、石をはじめとする重量物の展示が効率よく進んだことも高く評価した。

エクステリア×ガーデンエキシビションどうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼


チタン素材の表札をPR

福彫(福岡県春日市)

 表札総合メーカー。チタン素材の表札を推している。価格はやや高めだが、耐久性に優れているので屋外での使用に適している。現在は表札の種類が多様化しており、カタログ掲載製品だけで800種類以上ある。 
 出展者が増え、新しい商品の出展は目立つ。会期を通じて全体的には満足している。


宅配ボックスのニーズ感じる

エスディエス(石川県白山市)

 宅配ボックスを展示。販売会社との出会いを期待して出展した。住宅向けの宅配ボックスの多くは暗証番号式だが、盗難の危険性が指摘されている。不在時に、配達業者がランダムに設定した番号を不在伝票に書きポストに投函するが、それを第三者に抜き取られたら簡単に開けられてしまう。そこで我が社は、配達業者が鍵を掛ける宅配ボックスを製造した。意外だったのは、宅配ボックスに意匠性を求める声。おしゃれなアパートの雰囲気に合わせる必要性を感じた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る