一般市民も集まる住宅関連の展示会 【海外展示会レポート】

HOMEDEC(Home design&Interior Exhibition)

高級商材の販売堅調収入に余裕のある中間層の増加

会場:KLCC(Kuala Lumpur ConventionCentre)
会期:4月18日(木)~21日(日)
主催者:C.I.S NETWORK
出展者数:約300社
来場者層:一般客、住宅関連業者、建築業者、デベロッパー
出展者層:インテリアデザイン、照明関連、タイル、塗装&クロス、台所用品、寝室関連用品、窓&ドア関連、リノベーション

 マレーシア最大級の住宅関連展示会「HOMEDEC」は家電、リノベーション、施工に関わる商品が展示される。クアラルンプール以外でも、マレーシア・ペナン島、コタキナバル、あるいはインドネシアでも開催されている。会場に訪れたのは、自宅のリノベーションや家具や家電の買い替えを考えている一般客、住設関連業者、ビルやオフィスなどの管財業者などだ。出展企業の中では、収入に余裕がある中間層の増加を受けて、マレーシアの住宅問題を解決する商品やサービスを提供する出展者が目立った。

 マッサージチェアを販売したITSU World(マレーシア)は、中級モデルを会期3日間で15台以上販売した。価格は通常の5割引きにあたる5000リンギット(13万5000円)に設定した。「ショッピングモールの店舗と違い興味を持つ人が訪れるので、腰を据えて商品説明ができた」(Kanageswaranさん)。1日20人弱と商談を行った。 
 パナソニックブランドを扱う家電小売チェーン店のTAN BOON MING(マレーシア)では2100リンギット(5万6900円)の浄水器を15台販売した。マレーシアの水道水は飲料に適さないため、浄水器は一般家庭に普及している。「普及しているがゆえに、本体よりもフィルターの需要の方が高い」(Eric Tanさん)

 築8年の中古住宅の購入を検討しているクアラルンプール市内に住むStephanieさんとDannyさんの夫妻は、水回りの住宅設備やキャビネットとクローゼットのリノベーションの最新情報やアイデアを得るために訪れた。購入を検討している住宅はかなり手を入れる必要があるからだ。「激安キャンペーンは魅力だが同じような出展者が多く、その場で決めるのは難しい」(Stephanieさん) 
 法人向けのサービスも相次いだ。クリスタルボンドジャパンKGM(名古屋市)が展示したのは、断熱やUVカット効果のある塗料だ。熱帯のマレーシアではオフィスビルなどの窓に断熱フィルムが貼ってある。だが、

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る